作品紹介

『花の慶次~雲のかなたに~』


keiji_main

作品概要

原作:隆 慶一郎 脚本:麻生未央
連載期間:1990年-1993年(全18巻)
掲載誌:週刊少年ジャンプ
(c)隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP 1990

あらすじ/作品解説

「傾奇者)(かぶきもの)」…。「傾く」とは、異風の形を好み、異様な振る舞いや突飛な行動を愛することをさす。そして、真の傾奇者は己を美しゅうするために命を賭した。時は戦国時代末期、ここに天下一の傾奇者がいた。その名は前田慶次!! 自由と風流を愛し、愛馬・松風とともに絢爛なる安土桃山時代を疾駆したいくさ人・前田慶次の生き様を、合戦、決闘、色恋を交えて描く時代巨編! 隆慶一郎の「一夢庵風流記」を原作に得て「時代ものはヒットしない」という当時のジンクスを見事にくつがえし大ヒットした。