『影武者徳川家康』

連載期間:1994年-1995年

『影武者徳川家康』

作品概要

原作:隆慶一郎 脚本:曾川昇
連載期間:1994年-1995年
掲載誌:週刊少年ジャンプ
©隆慶一郎・原哲夫・會川昇/NSP 1994

あらすじ・作品解説

戦国時代──。下克上の世では天下を狙う武将は場外の敵ばかりでなく信頼していた家臣にすら暗殺される危険を常に抱えていた。暗殺を阻止する一番の策、それは己と同じ姿形をした者すなわち「影武者」を側に置くことである。数多くの戦国大名が身近に影武者を置き、そしてあの徳川家康にも寸分違わぬ影武者がいたという! 道々の輩であった世良田二郎三郎は、関が原の闘いで討ち死にした家康の意志を継ぎ。影武者として天下太平の世のため立ち上がる。

  • 『影武者徳川家康』第1巻

  • 『影武者徳川家康』第2巻

  • 『影武者徳川家康』第3巻

  • 『影武者徳川家康』第4巻

このホームページに掲載のイラスト・写真・商標の無断転載を禁じます。 Copyright(C)NORTH STARS PICTURES, INC. All Rights Reserved.