ニュース

ニュース

地元のスター☆☆思わぬ出会いに、大感動☆☆☆

20160421

4月3日(日)に北海道で大人気の番組『ブギウギ専務』(STV)にて、ケンシロウ銅像をとりあげていただきました! 北海道のみなさん、ご覧になりましたか?

除幕式当日は、ものすごい数の報道陣が押し寄せ、2人の先生も取材攻めに。その取材がひと通り終わり、報道陣もいなくなった頃、妙な存在感を放つ1人の男性が、大きなカメラを引き連れてフラフラとやってきました……。

キラキラのスパンコールが輝くタキシードに、真っ赤なフリルの付いたマフラー、そしてエルビス・プレスリーを髣髴とさせる見事なもみあげが印象的なその男こそ、北海道では知らない人はいないといわれる大人気のタレントであり、ミュージシャンでもある、『専務』こと上杉周大さん(THE TON-UP MOTORS)です!

番組の収録で、新函館北斗駅を訪れた上杉さんですが、まさかそこに2人の先生がいるとは本当に知らなかったそうで、「僕もばっちり『北斗の拳』世代で、小学校の頃は、ケンシロウごっこをしていた」と語りながら、あまりの驚きに、そして感動に、“いちファン”の顔になって、先生方と握手をしていました。

20160421_2

上杉さんは、「ケンシロウは、どんな逆境に立っても、弱いものを助ける男。僕も小さい頃、幼心にそうなりたいと思っていました。この銅像を見て、北海道の子どもたちも、ケンシロウに憧れて、立派でかっこいい大人になってほしいですね」と、まさに“立派でかっこいい”コメントを寄せてくださいました。

     





北海道で大人気のタレント? つまり、アレじゃな。第2の大○洋さんってとこかな。

そんな人気者にとっても、やはり原先生は憧れの存在ってことがよく分かる、よい表情をしておるな! 

「せ、先生! こ、こんな所でお会いできるとは……」みたいな声が聞こえてくるような顔じゃ。