トピック先生、ひと言いいですか

Vol.13 株式会社コアミックス広報 根橋苑子 (ねばしそのこ)後編

nebashi_main

原哲夫と共に働くたくさんのスタッフを、抜き打ちでチョクゲキ!! 普段は見ることのできない原哲夫の素顔や、仕事のこぼれ話を大バクロするこのコーナー。今回はいつものスタジオを飛び出して、『月刊コミックゼノン』の編集などを手がける株式会社コアミックスにお邪魔します。

そこでお話をうかがったのは、広報の根橋さんです。この原哲夫公式サイトの運営・管理を担当しているにもかかわらず、原先生との関係性はまだまだ浅いと話す彼女。ただ、話を聞いていくうちに、スタジオのスタッフにも引けをとらないくらい、クリエイティブな感性を持っていることが判明していきます。

思い切って、○○、描いてみました!
土日は仕事はお休みですね。休みの日は、ライブに行くことが多いです。月に2〜3回は行っているかな? あとは、バンドの練習をしたり。作詞作曲もやりますよ。作詞の方法は……ギターを弾きながら適当に(笑)

ずっとアメリカ人と2人でやってきた『1000s of cats』につづいて、今はまた新しく3人でバンドを始めました。『プリンス・レインボー』っていう……ちょっとダサいバンド名なんですけど(笑)。

nebashi_5

この前、休みの日に、ケンシロウを模写してみたんです。これなんですが……。当たり前ですけど、すっごく難しくて。特に、やっぱり目が難しい。これ載せたら、先生に怒られちゃうかも……。
事故を起こさないように。そして、名前を……
この仕事は難しいこともありますが、本当にやりがいがあって、楽しいですね。媒体さんに送った情報が記事になったりすると、やってよかったなって思います。ただ私は、仕事を進めていく中で、いつも自分が何かミスをしている気がしてしまうんです。運転する時に、常に「事故が起きそう」と思っている感じ。

その感覚で、自分が信用できません。いつも怖くて……。だからこそ、慎重に、丁寧に仕事に向き合あうように心がけています。それでも、仕事ではときどき事故ってしまいますけど(苦笑)

nebashi_6

これからも、バンドと仕事の両方をガンバっていきたいですね。決して仕事がおろそかにならないように……。当面の目標としては……、やっぱり原先生に名前を覚えていただきたい! さっきのケンシロウの絵、見せてみようかな(笑)
(おわり)