その他のお知らせ

ニュースその他のお知らせ

ゆかりの地に貢献だ! お仕事の打ち合わせに潜入してきました!!

main

吉祥寺の商業施設が参加して行われるキャンペーンに、原哲夫が参加するようです。その打ち合わせに取材班がこっそり潜入してきました!
そろそろジメジメとした梅雨がやってきますね。やっぱり他のシーズンと比べると、この時期は、ショッピングもデートも、少し億劫になりがち。

そんなちょっぴり憂鬱な気持ちを吹き飛ばす企画が、原哲夫ゆかりの地、吉祥寺の街で行われるようです。

その名も「吉祥寺は晴れてます。」

吉祥寺にある大型商業施設が協力して、梅雨の吉祥寺を盛り上げるキャンペーンだそうです。

そして、どうやら、そのキャンペーンへの出演オファーが、原哲夫に届いたよう。同じく吉祥寺にあるカフェダイニングバー「ソラゼノン」のテラス席にて、編集部スタッフが、原先生にオファー内容を説明しています。

編:先生、こんなキャンペーンに協力してほしいって。

原:なになに? 吉祥寺を盛り上げるの?? これって、僕でいいの?

編:いいに決まってるじゃないですか! 参加したらすごく喜んでもらえると思いますよ。

打ち合わせは和気あいあいと進みます。

tanzaku

原:で、僕は何をすればいいの?

編:この短冊を書いてください。「私にとっての吉祥寺」「吉祥寺の好きな場所」っていう2つの質問に答えて、それが吉祥寺の街に貼りだされるみたいですよ!

原:ふ~ん。吉祥寺か……。僕にとっての吉祥寺、、、大友先生でしかないな(笑)

やっぱり先生にとって吉祥寺という街は、いつまで経っても、巨匠、大友克洋先生の仕事場、という認識なんですね。
※参照:「原哲夫 青年期物語」その3

編:やっぱり(笑)。じゃあ好きな場所は?

原:場所ねぇ、、、やっぱり……、東急デパートの屋上かな。

出た! それも高校の時に、大友先生に会いたくて、屋上から吉祥寺の街を見渡したエピソードからですね!! 先生、どんだけ大友先生のことが好きなんだ……(苦笑)

編:あと、せっかくなので、空いたスペースに少し挿絵でも書いていただけると……。

原:絵、描くの?? う~ん、分かったよ……(←ちょっとしぶしぶ??(笑))

という感じで、 6月1日からスタートした「吉祥寺は晴れてます。」

ちなみに、この短冊は、原先生との交流も深い、北条司先生や次原隆二先生にもオファーがあったとのこと。キャンペーン中、吉祥寺のどこかで先生方直筆の短冊が見つけられるかも!? マンガファンにはたまらないですね!

少しくらい天気がよくなくても、お気に入りの傘と長靴で、吉祥寺ぶらり、いかがですか?


ワイヤー2014-05-211

おいら、雨は嫌いだなー。だから梅雨の時期は、いちばん外に出るのがイヤなんだよなー。いくら先生の書いた短冊が見れるって言われてもなぁ。。。

え? 北条先生と次原先生の短冊もあるかもしれないの?? 

むむ。。。

むむむむ。。。

んんんんん、行くー!!! 

だったら吉祥寺に行くーーーーー!!!! 
だって梅雨って言っても、毎日前が降るわけじゃないもんね! 
晴れてる日に行けばいいじゃん!!!!!

テンション上がってきたぞー! うん、もう、今日いこう! 我慢できない!! 
あれ? 今日は雨が降ってるな、もういいや、それでもいく!! 出発だ!!!!

短冊見たーーーーーい!!!!!!