その他のお知らせ

ニュースその他のお知らせ

『義風堂々!! 直江兼続~前田慶次 花語り~』第3巻のカバー打ち合わせに潜入!!

ここはいつもの原先生のデスク横の、打合せ部屋!
今日は『義風堂々 !! 直江兼続~前田慶次 花語り~』第3巻のカバーの打合せがあると聞き、(担当編集さんの抑止を振り切り)おじゃましました! 何枚ものラフ画を前に、原先生のペンが走る !! 指示が飛ぶ !! ビュン !! ビュン !!
カバー打合せの前にいつも作画の出口真人先生が用意するラフ画は 3 ~ 4 点で、打合せは毎回、30 分~ 1 時間。長い時には 3 時間に及ぶこともあるんだそうです。

『義風堂々!! 直江兼続~前田慶次 花語り~』第3巻のカバー

テーブル上に用意された、兼続の様々な姿が描かれたラフ画。
ココだけの話、打合せ部屋に入った時と出る時では持ってきたラフ画とはまったく別モノになっているとか…!? 原先生から一体どんな指示が !? ワクワク……!!
原先生はラフの段階から出来上がりが見えているそう……。
今回、驚きを隠せなかったのが、原先生の貪欲なまでの「骨格愛」。
「骨格愛」とは何ぞや……って? 骨格って目鼻立ちとか、そういう話でしょって皆さん思っていますよね ?? いやいや、それだけに留まらないんです !!
骨格的な視点から、ここに影は入らない !! 髪の毛はこう生える !! 生え際はこうだ !! 眉間の皺はこう入る !! 眉毛はこっちの方向に生えるんだ~ !! と、熱い議論が繰り広げられます。
担当さんによると、先生は決して突飛な指示は出さないとのこと。全て確かなことで、聞いていて疑問に思うことがないそうです。
この打合せで原先生から受けとったことを、編集さんが出口先生に伝えて、できあがったのがこちら !!
 

『義風堂々!! 直江兼続~前田慶次 花語り~』第3巻のカバー

兼続の「いざ戦へ !!」な迫力がドン !!

原先生の「読者をビックリさせたい!」という気持ち、そして骨格への異常なまでの愛情が詰まったこの3巻、是非手に取ったとき、骨格の話を思い出してみてくださいネ☆