その他のお知らせ

ニュースその他のお知らせ

格式高い授賞式会場で、爆弾発言!? 先生、2015年もカマしてくれるゼッ!!

news_0116

去る1月13日、都内のホテルにて「サイレントマンガオーディション」の授賞式が行われました。
そして、そこに登場したのが! そう、我らが原哲夫です!!

授賞式の後半、審査員として名を連ねた北条司先生、次原隆二先生と、次々に受け渡されたマイクを前に、
「僕はいわゆるオノマトペ(=擬声語)である“ひでぶ”とか“あべし”とかで食っていますから、
サイレント漫画には反対なんですが……」と、得意の(??)ブラックジョークで、
関係者やメディアで埋め尽くされた会場の笑いを誘いました。

新年早々、“原哲夫節”が炸裂した2015年。
今年はどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。目が離せませんネ!!

 
サイレントマンガオーディションって何?
『月刊コミックゼノン』を編集・制作する株式会社コアミックスが中心となって運営する、世界に向けたマンガのオーディション。原哲夫も、今回の授賞式に参列するだけでなく、その運営にまで携わり、世界中から寄せられるたくさんの作品に、愛を持って目を通している。
応募される作品は、タイトル通り「サイレント(=セリフなし)」。セリフに頼らないことにより、マンガの本来のパワーである画力のみで勝負し、“国境を超えて、描き手と読み手が分かり合える”という大きな魅力を持つ国際漫画賞となっている。
これまでに2回開催され、その応募総数は1,000作を超えている。現在第3回のテーマ「お母さん」募集中。
 

sukkiri

日本テレビの番組「スッキリ!!」が、取材に来ました
日本テレビ系列で放送される朝の情報番組『スッキリ!!』にて、この授賞式の様子が紹介され、原哲夫は、北条司先生、次原隆二先生とともに、豪華かつ貴重な3ショットで登場。
サービス精神旺盛な原哲夫は、ここでも「漫画界では僕は本当に劣等生」「社会的には僕はダメな人間」と、得意の(!?)自虐ネタを披露し、北条先生や次原先生にフォローされる、なんて一面も。スタジオにいる加藤浩次さんや、テリー伊藤さんの笑いを誘っていました。

 




へっ、アレだけの人を前に、さらっと笑いをとっていくあたりは、さすが原哲夫だな!
ま、「サイレントマンガには反対です」って、ただ単に本音を語っただけかもしれねぇけどな!!(爆)