2021.07.16その他のお知らせ

ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』上演決定!

2021年12月より東京・日生劇場にて『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』の上演が決定いたしました。

ケンシロウ役を演じるのは、『メリー・ポピンズ』のバート役、『ビリーエリオット~リトル・ダンサー~』のオールダービリー役でその類まれな身体能力を発揮し、ミュージカル界に衝撃を与えた俳優・大貫勇輔さん。ケンシロウの兄・トキは、ミュージカル界でますます存在感が光る加藤和樹さんと小野田龍之介さんがダブルキャストで挑み、レイとジュウザ役を、歌唱力に定評ある伊礼彼方さんと上原理生さんが回替わりで交互に演じます。

ケンシロウたち兄弟の師父・リュウケンを演じるのはミュージカル界には欠かせない存在である川口竜也さん、ケンシロウの敵・シン役は、成長目覚ましい植原卓也さんと上田堪大さんのダブルキャスト。ラオウ役、ユリア役、リン役、バット役などは今後の発表をお待ちください。
作曲はフランク・ワイルドホーンさん、演出は石丸さち子さん、脚本・作詞は高橋亜子さん、振付に趙明(ジャオミン)さんと、米中3か国のスタッフのコラボレーションによる創作にもご注目ください。

<武論尊・原哲夫コメント>

■原作:武論尊
歌って踊る前に殴ってしまうのでは…とハラハラしながらも(笑)、作品で大切にしていた「宿命」と「愛」を演じて頂けるとのことで、どんな切り取り方をするのか楽しみにしております♪

■漫画:原 哲夫
ケンシロウ役の大貫さんは日本人離れした体格と身体能力、あたたたたぁ~!!な高音域の歌声と退かぬ!媚びぬ!並みの踊りで、舞台はもう既に華やいでいる!!


東京公演は日生劇場にて2021年12月上演、その後国内ツアー公演、2022年に中国ツアー公演を予定います。
チケット発売は今秋予定。詳細は公式サイトをご覧ください。

【公演概要】

『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』

期間:2021年12月
会場:日生劇場
※国内ツアー公演、中国ツアー公演あり

<スタッフ>
原作:漫画「北斗の拳」(原作:武論尊 漫画:原 哲夫)
作曲:フランク・ワイルドホーン
演出:石丸さち子
脚本・作詞:高橋亜子
振付:趙明
協力:株式会社コアミックス
主催:ホリプロ/博報堂DYメディアパートナーズ/染空间 Ranspace
企画制作:ホリプロ

©武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証GS-111

<キャスト>
ケンシロウ :大貫勇輔
トキ:加藤和樹/小野田龍之介(Wキャスト)
シン :植原卓也/上田堪大(Wキャスト)
リュウケン他:川口竜也
レイ、ジュウザ:伊礼彼方/上原理生(交互で役替わり)
ほか
公式HP
公式Twitter

このホームページに掲載のイラスト・写真・商標の無断転載を禁じます。 Copyright(C)NORTH STARS PICTURES, INC. All Rights Reserved.