2018.05.31落書きってレベルじゃねぇぞ!!

極限まで描き込む! その違いにご注目!!

今回は「落書きってレベルじゃねぇぞ!!」番外編。

いつもはラフ画や試し描きなどから、原先生の画力を紹介していますが、今回はコミックス最新刊から、先生のこだわりを紹介します!

こちらは、鳴海城に攻め込む信長たちを見守っている沢彦と類とシスコのワンシーン。
左は『月刊コミックゼノン』2017年8月号に掲載したもの、右は先日3月20日に発売された『いくさの子-織田三郎信長伝-』11巻に収録されています。

皆さん、違いに気づけましたか?
構図、体の向き、筋肉、服の表情と、大小さまざまな部分が描き直されているんです!

実は先生、コミックスにするときには、すべての絵を改めてチェックしてブラッシュアップしているんですよ。
時間に追われている連載のときの絵ですら、精緻に描き込まれているのに…なんというこだわり!

そのこだわりがあるからこそ沢彦がよりカッコよくなっているし、絵全体の迫力もマシマシですね!
ひとつひとつ魂を込めて漫画を描く原先生の姿勢に、また感服しました。

他にもコミックスでしか見られないこだわりが随所にちりばめられています!
ぜひ皆さんも、絵を見比べて、違いを楽しんでみてください!

このホームページに掲載のイラスト・写真・商標の無断転載を禁じます。 Copyright(C)NORTH STARS PICTURES, INC. All Rights Reserved.