2019.10.12ニュース

新聞広告統一PRキャンペーン「#ぺちゃくちゃ新聞広告」に、ケンシロウが登場!

10月15日から「新聞週間」が始まります。
これに先立ち日本新聞協会は、新聞広告統一PRキャンペーン「♯ぺちゃくちゃ新聞広告」を実施します。


本キャンペーンは、新聞広告を通じて人気漫画・アニメのキャラクターに伝えたいことを代弁してもらう企画です。キャラクターには、「北斗の拳」のケンシロウと「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」のドロンジョを起用。読者がつぶやいたツイートを声優が読み上げ、ツイートした人に返信される仕掛けです。

本キャンペーンには新聞協会加盟の84紙が参加、ケンシロウ、ドロンジョが登場する新聞広告はそれぞれ10月12日(土)付、同14日(月祝)付で一斉に掲載されます。新聞広告に掲載されるキャラクターの口には二次元コードが表示されており、スマートフォンでコードを読み取ると動画が再生されて口が動き、キャラクターがしゃべり始めます。

さらにハッシュタグ「♯ぺちゃくちゃ新聞広告」を付けてツイッターにメッセージを投稿すると、抽選で投稿内容をキャラクターがしゃべる動画が配信されます。キャラクターの声は神谷明さん(ケンシロウ)と喜多村英梨さん(ドロンジョ)に担当いただきます。抽選で選ばれたメッセージをしゃべる動画は、キャンペーンの特設サイトで見ることができます。特設サイトは10月11日(金)から22日(火)まで開設します。

「♯ぺちゃくちゃ新聞広告」は、新聞広告を起点にウェブやSNSへとメディアを超えて広がる新しい新聞体験の場を提供します。あの人に贈りたいメッセージや世の中にちょっと言いたいこと、ふと思いついた何気ないセリフなど、新聞広告に出会い考えた言葉が人気キャラクターの声になって全国に届くキャンペーンです。
  

   


10月12日(土)付広告

<キャラクター>ケンシロウ(北斗の拳)
<声優>神谷明(かみや・あきら)
<メッセージ投稿を受け付ける期限>10月12日(土)19時まで

<掲載新聞>
朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞、東京新聞、産経新聞、サンケイスポーツ、夕刊フジ、ジャパンタイムズ、報知新聞、日刊スポーツ、スポーツニッポン、日本農業新聞、室蘭民報、十勝毎日新聞、釧路新聞、函館新聞、道新スポーツ、陸奥新報、デーリー東北、岩手日報、河北新報、秋田魁新報、北羽新報、山形新聞、荘内日報、福島民報、福島民友新聞、茨城新聞、下野新聞、桐生タイムス、神奈川新聞、千葉日報、静岡新聞、信濃毎日新聞、長野日報、南信州新聞、市民タイムス、中日新聞、岐阜新聞、北陸中日新聞、日刊県民福井、伊勢新聞、夕刊三重、京都新聞、神戸新聞、奈良新聞、紀伊民報、山陰中央新報、宇部日報、徳島新聞、愛媛新聞、高知新聞、西日本新聞、佐賀新聞、長崎新聞、宮崎日日新聞、夕刊デイリー、南日本新聞、琉球新報、八重山毎日新聞、宮古毎日新聞
   

【「#ぺちゃくちゃ新聞広告」の遊び方】

 キャラクターの口の部分に表示された二次元コードをスマートフォンをかざして読み取ると特設サイトにつながり、口の部分が動く動画が再生されます。キャラクターの話す内容は以下の通りです。
 
ほあたーーーー!!! …お前のアクセスに感謝する。今日は、お前たちが投稿してくれたメッセージをこうして「ぺちゃくちゃ」していこうと考えている。このふざけた世界に、言いたいことはないか…? いま俺の目の前にいる、そこの貴様! お前はもう…「楽」しんでいる…! あたたたたたたたたた!     

このホームページに掲載のイラスト・写真・商標の無断転載を禁じます。 Copyright(C)NORTH STARS PICTURES, INC. All Rights Reserved.