トピックデスクでお宝探訪

Vol. 27 『蒼天の拳 リジェネシス』の題字を書いたのは、なんと…!

コミックゼノン12月号から連載開始となった『蒼天の拳 リジェネシス』。なんと、あのかっこいい題字を書かれたのは、原先生でした! ということで、原画ならぬ原書を大公開!!

躍動感がすごいんです!!

ーー『蒼天の拳 リジェネシス』の題字を先生が書かれたとの情報が、コミックゼノンの編集後記に載っていたので、「これは!」と思い飛んできました!

原:実は、いつか題字を自分で書きたいと思って、7年くらい前から書をやっていたんだ。

4W1A4436

ーーおお! こ…これが原書!! ものすごく力強い字でおどろきました!

原:この題字、実はちょっと普通の書道とは違う書き方をしてるんだ。

ーーえ、どういうことですか?

原:まず最初に題字のデザインを考えて、下書きをつくってから書いたんだ。だから、ある意味「描いた」とも言えるの。書と漫画が融合すると、こんな感じかなって考えながら書いたよ。

1

ーーこの題字はどういうイメージで書かれたんですか?

原:全体としては、「龍」のイメージ。あと、“天”という字の払いの部分は「足をイメージしていて、「蒼天を駆け抜ける姿」が浮かぶような躍動感のある字にしようと思ったんだよ。

ーー作品のもつ個性が絵にあらわれていますね…!

原:あと、『蒼天の拳 リジェネシス』は辻くんのデビュー作だし、この題字は、彼への応援の意味もこめているんだ。

ーー師匠から弟子への最高のエールですね! 辻さん、きっと今まで以上にやる気が出ていると思います。もう、大ヒット間違いないですね!

原:期待してますよ。『蒼天の拳』の第1部や『北斗の拳』を超える作品にしてくれるに違いない! あ、じゃあこれからは「辻大先生」って呼ぼうかなー。

ーー絶対やめてください! 期待よりもプレッシャーが強すぎて、辻さんのメンタルが心配です!!(笑)

ちょっとイジワルなことも言いつつ、先生の愛のある叱咤激励に、師匠と弟子という関係性が羨ましくなりました。
先生の原書から完成した完成したロゴはこちら!!

mv0