キャラ紹介

トピックキャラ紹介

【作品中のキャラ紹介】vol.6 ケンシロウに対する憎しみに生きる ジャギ

ジャギ1

キャラクター紹介
『北斗の拳』の主人公であるケンシロウの義兄であり、北斗4兄弟の三男。北斗神拳伝承者候補ではあるが、他の3人に実力で大きく差をつけられている。
ケンシロウが北斗神拳伝承者に決まった際、ケンシロウに辞退するよう強引に迫ったが、返り討ちにされてしまう。その時に秘孔を突かれた影響で、顔面は歪み、毛髪が抜け落ちてしまったため、ヘルメットを被るようになった。以降、ケンシロウに復讐するために実力を磨いていったものの、それ以上に強くなっていたケンシロウに再び敗北する。
勝つためには手段を選ばない、悪役中の悪役ではあるが、4兄弟の中で最も人間味があるキャラクターとしてファンも多い。
from 原哲夫

ワイヤー2014-05-211



ジャギは、『北斗の拳』の中で顔を出さずに登場する初めてのキャラクターということもあって、デザインをどうしようか、ワクワクしながら考えていた記憶があります。マスクを被った悪役という点では、スター・ウォーズのダース・ベイダーのイメージも少し入れつつ、『北斗の拳』の世界観に合うように、ヘルメットのデザインなども細かいところまでこだわりました。

連載当時、およそ10週に1人くらい新しいキャラクターを登場させるのが、北斗のペースでした。短い期間で、記憶に残るようなキャラクターを生み出していく。その中でも、ジャギはキャラクターデザインのバリエーションを増やしていく突破口になりました。正統派の主人公と正統派の悪役が物語の軸にはなるんですが、それだけだと話が単調になってしまう。だから、正統派とは違うポジションで、かつ、キャラクターがきちんと立っている登場人物が必要でした。なので、ジャギには悪に徹するだけでなく、ギャグの要素も少し足しました。その結果、ジャギは『北斗の拳』に登場するその他大勢のザコキャラの中で、「ザコの頂点」とも言える存在になったかな。

ちなみに、武論尊先生は一番好きなキャラクターとしてジャギを挙げられていて、「自分と似ている」とおっしゃっています。と言うのも、武論尊先生はちょくちょくドッキリを仕掛けようとするんです。そういう悪戯好きなところは、ジャギに近いものがあるかもしれません。もちろんジャギみたいに極悪非道ではなくて、とてもお茶目な方ですけど(笑)。

ギャラリー
222