トピックデスクでお宝探訪

Vol.22 【特別編】写真多数!! 話題となった『北斗の拳』化粧まわし一般公開に行ってきました!

main

今回の『デスクでお宝探訪』は特別編。先日、このサイトでもお伝えした通り、吉祥寺のカフェゼノンにて、横綱稀勢の里関に贈られた『北斗の拳』の化粧まわしが、期間限定で一般公開されました。
全国紙でもとりあげられるなど、大きな話題となった今回の展示。お店には、稀勢の里関のファン、相撲ファン、そして『北斗の拳』のファン……と、世代を超えた様々な人が訪れ、我先にと、スマホで撮影する姿が多く見られたようです。
ということで、今回は、その現場にウェブ担当スタッフが潜入! たくさん写真を撮ってきたので、一挙公開いたします。化粧まわしをこんなに接写で観ることなんて、もう一生ないかも。これは、まぎれもなくお宝だ!!

テレビでは分からなかった繊細な仕上りにビックリ。

写真を紹介する前に、少しだけ説明を。
今回、展示されているのは、実際に稀勢の里関が身につけた『ラオウ』と、5月場所の土俵入りの際に、太刀持ちの高安関がつけていた『ケンシロウ』、そして露払いを担当する松鳳の里山関の『トキ』の3点です。
※なぜ稀勢の里関が『ラオウ』とを選んだか・・・
 想いを語ったインタビューもあわせてご覧下さい。
この化粧まわし。実はとても特殊な方法で作られているとのこと。というのも、隆々と盛り上がった筋肉を表現するために、刺繍をしてから色をつけるという、まさに職人技が光る仕上りなのです。接写の画像を見てみると、その技の細かさは手に取るように分かるはず。
では何枚か、見ていきましょう。

00
00a
00b

01
01a
01b

02
02a
02b

すごい迫力ですね。この繊細さと力強さを併せ持った化粧まわしを、最強の横綱、稀勢の里関が実際につけていたと想像すると、鳥肌ものです。
残念ながら、すでに展示は終了。どうしても見たい人は……、もう一度、上の写真をじっくり見てください!
稀勢の里関のケガも順調に回復しているというニュースが連日、飛び込んできています。一日も早い復帰を心からお祈りしております!